ホーム製品情報>|活性炭の保管・使用上の注意|
   
活性炭の保管・使用上の注意
  @ 10トン以上、消防法の指定可燃物扱いとなります。  
  A 直射日光、水ぬれ、湿気により袋内の圧力で、収縮したり吹き出したりすることがありますので、屋内で保管して下さい。  
  B 粉塵対策としてメガネ、マスク、手袋などの保護具を使用して下さい。
もし眼に入った場合、水でよく洗浄して医師の診察を受けて下さい。
 
  C 密閉あるいは半密閉状態での取扱いにおいて、内部が酸素欠乏状態及び一酸化炭素が発生する場合があります。
内部に入って作業を行う場合等には労働安全衛生法の酸素欠乏症防止規則に従い、充分な換気等の対策をして下さい。
 
  D 高濃度のガスを吸着したり、有機溶剤等に投入したりすると発熱することがあります。  
  E 所定の用途以外には使用しないで下さい。  
  F その他、不明な点についてはお問い合わせ下さい。  
 
製品情報トップへ

 

TSURUMICOAL CO., LTD. お問い合わせフォーム
本社・工場 横浜市鶴見区寛政町25番3号
Tel.045(511)4346(代)
Fax.045(511)4349