ホーム>|会社概要|
名称
株式会社ツルミコール
TSURUMI COAL CO., LTD. 
所在地
  横浜市鶴見区寛政町25番3号
設立年月日
  創業   昭和10年10月
設立   昭和14年1月31日
資本金
  1億円
営業目的
  ・活性炭の製造及び販売
・化学工業薬品の製造及び販売
・その他前各号に関連する一切の業務
年商
  12億円
決算期
  3月
工場
  敷地  
建坪 
従業員 
11,000m2(約3,000坪)
8,000m2(約2,400坪)
45名
役員
  取締役社長 堀田 靖則
  取締役 佐橋 克也
  取締役 小川 佳澄
  監査役 後藤 栄二
本社・工場および営業
○本社・工場
  〒230-0034  横浜市鶴見区寛政町25番3号
    TEL 045(511)4346(代)
    FAX 045(511)4349
○東京営業部
  〒103-0027 東京都中央区日本橋3−8−4 日本橋さくら通りビル3階
    TEL 03(5204)0107(代)
    FAX 03(3231)3895
○大阪営業部
  〒541-0053 大阪市中央区本町2丁目6番10号
    TEL 06(6243)7726(代)
    FAX 06(6243)7723
会社の沿革
  昭和7年10月 東京都品川区東大崎の研究所にて森 矗昶氏(昭和電工(株)創立者)等の意見を斟酌し、活性炭製造について調査研究を開始する。  
  同10年10月 大日本化学工業株式会社(当時資本金 300萬円)鶴見工場(現本社)の一部に廻転賦活炉を設備し、粉末活性炭の製造を開始する。  
  同12年2月 破砕活性炭の製造を開始する。  
  同13年10月 独創的製造方式を完成し、造粒活性炭の製造を開始する。  
  同14年1月 大日本化学工業株式会社鶴見工場の設備一切を買収し、興亜炭素工業株式会社(資本金 19萬5,000円)を設立する。  
  同16年8月 陸軍監督工場指定を受ける。(防毒面用活性炭)  
  同18年7月 資本金80萬円とする。  
  同23年2月 商号を鶴見炭素工業株式会社と改称する。  
  同23年3月 塩化ビニール合成用粒状活性炭の製造を開始する。  
  同23年11月 酢酸ビニール合成用粒状活性炭の製造を開始する。  
  同24年4月 資本金500萬円とする。  
  同24年5月 溶剤回収用活性炭及び触媒担体用活性炭を開発する。  
  同27年1月 商号を鶴見コール興業株式会社と改称する。  
  同27年8月 防毒面用特殊活性炭(ASG)完成する。  
  同28年5月 脱硫用活性炭を開発する。  
  同29年3月 防毒面用特殊活性炭を防衛庁に納入する。  
  同29年7月 浄水用活性炭(GW−30)を開始し、日本コカコーラ(株)より指定さる。  
  同30年11月 流動法酢酸ビニール合成用破砕活性炭を開発する。  
  同32年12月 資本金950萬円とする。  
  同33年10月 活性炭応用製品の販売を目的とし新宏化成株式会社を設立する。  
  同34年5月 資本金2,000萬円とする。  
  同34年10月 流動炉賦活設備完成する。  
  同36年2月 東京営業所開設する。  
  同36年8月 資本金5,000萬円とする。  
  同39年4月 し尿の真空汲取車用脱臭器を開発し、各都市に採用される。  
  同41年4月 石炭系浄水用活性炭(GL−30)を開発する。  
  同42年9月 大型焼成炉完成する。  
  同43年4月 日本原子力研究所との共同研究で原子炉フィルター用活性炭  (HCA−S)を開発する。  
  同43年12月 脱臭剤(GOD)を開発する。  
  同44年10月 ガソリン吸着用活性炭(HC−20C)を開発する。  
  同46年4月 商号を株式会社ツルミコールと改称し、資本金を6,000萬円とする。  
  同46年12月 ゴミ焼却工場脱臭装置を開発する。  
  同47年10月 大型賦活炉を完成する。  
  同49年3月 活性炭方式廃水処理装置を開発する。  
  同49年6月 資本金を1億円とする。  
  同50年3月 し尿処理工場脱臭装置を開発する。  
  同52年4月 高沸点溶剤回収用活性炭(4G−3S)を開発する。  
  同54年6月 し尿・下水臭用脱臭剤(AX,SX,MX)を開発する。  
  同61年5月 破砕活性炭自動製造設備を完成する。  
  同62年6月 大型焼成再生炉完成する。  
  平成元年2月 タービンウォッシュ剤(T−D及び1GI)を開発する。  
  同4年10月 ダイオキシン吸着剤(4H)を開発する。  
  同5年9月 新成型設備(造粒炭,破砕炭)完成する。  
  同8年10月 ダストレス活性炭完成する。  
  同10年3月 総合事務所完成する  
  同11年3月 薬品添着設備増設する。  
  同13年3月 排水処理設備増設する。  
  同13年6月 ISO9001取得する。  
  同14年9月 移動ラックシステム倉庫完成する。  
  同15年3月 大型再生炉・排ガス処理設備完成する。  
  同18年9月 選択性吸着活性炭生産建屋完成する。  
  同20年4月 選択性吸着活性炭生産設備完成する。  
  同21年5月 大型再生炉・排ガス処理設備更新する。  
  同24年6月 水銀ガス除去用活性炭(4GM−HG2)を開発する。  
  同25年8月 液相系水銀除去用活性炭(HC−30X2)を開発する。  
       

 

TSURUMICOAL CO., LTD. お問い合わせフォーム
本社・工場 横浜市鶴見区寛政町25番3号
Tel.045(511)4346(代)
Fax.045(511)4349